サウナとグランピング~サウナテントの可能性

更新日:6月14日


 グランピングと相性の良いコンテンツはたくさん存在しますが、中でも今一番注目されているのがサウナです。


 元々人気コンテンツであるサウナですが、これをグランピングのアウトドア体験に組み込むことにより、より魅力的なものに生まれ変わります。


 今回は、サウナとグランピング、2つの関わりとそれぞれの特徴、さらに、それらが合わさったときに生まれる新たな魅力についてご紹介していきます。



 

サウナとは

 

 

 日本国内で一般的に言われているサウナとは、フィンランド式のドライサウナを指すことが主です。

 80~100℃ の高温に保たれたサウナ室で汗を流し、その後、水風呂などで身体の熱を冷まして体を休ませる温冷交代浴が、基本的な入浴の流れとなります。


 サウナというと、最近「ととのう」という独特の表現を耳にすることが多いと思います。

 温冷交代浴の繰り返しで分泌されたエンドルフィン等の脳内麻薬、これが引き起こすトランス状態をいいます。

 トランス状態の快感だけでなく、美容や健康、様々な効果が期待できるとされており、男女ともに人気なのはこれが理由です。



サウナストーブ・サウナテントをお求めの方は、こちらのページをご参照ください。



 

グランピングとは

 

 グランピング とは、「優雅な」といった意味の”Glamorous(グラマラス)”と”Camping(キャンピング)”を合わせた造語になります。


 キャンプ等のアウトドアコンテンツは、初心者には敷居が高かったり、虫がどうしても苦手な人には敬遠されてしまいがちです。そんな不自由な部分も含めて楽しむのがキャンプなどの従来のアウトドア体験ですが、そういった部分を取り除き、誰でも気軽にアウトドア体験を楽しめるようにして、さらに、そこに”Glamorous(グラマラス)”要素をプラスαしたのがグランピングです。

 

 とはいえ、昨今のグランピングブームにより様々な施設が増え、グランピングの在り方も多様化しています。これがグランピング!とはっきり定義するのは難しいでしょう。



グランピングの定義についてはコチラの記事で記載しています。


グランピングに関するご相談は、コチラよりお問い合わせください。



 

グランピングとサウナが生む新たな魅力

 


 冒頭にもあった通り、サウナとグランピングは好相性のコンテンツです。

 中でも『サウナテント』とは、特に相性抜群といえます。


 サウナテントは、テントの中にストーブを設置してテント内で行う特別なサウナです。

 フィンランドが発祥で、元々は軍隊が遠征地でもサウナを楽しめるように開発されました。


 設置が容易で場所を問わないことが特徴で、大自然の中でのサウナが可能になります。

 サウナで温まった体を、川の清流や湖水等の自然水で冷やすことができるのは、他にない魅力的なポイントです。


 グランピングは、この魅力を最大限活かすことができます。

 グランピングの宿泊設備は、その特性上自然豊かな場所に位置することが多く、サウナテントをする絶好のロケーションを用意できるためです。


 さらに、サウナというイメージはグランピングの豪華・高級というイメージにも合致しており、相乗効果で互いを高め合う非常に相性の良いコンテンツなのです。

 


施設の差別化含め、グランピング経営に関するご相談は、コチラよりお問い合わせください。


サウナストーブ・サウナテントをお求めの方は、こちらのページをご参照ください。



 

まとめ

 

 グランピングとサウナの相性の良さをご理解いただけましたでしょうか。

 

 弊社では、グランピングテント・サウナテント・サウナストーブ以外にも、グランピングに関わる様々な商品を取り扱っております。

 また、グランピングの経営・集客の相談も承っております。



グランピング経営・集客に関するご相談は、コチラからお問い合わせください。


閲覧数:15回0件のコメント